Vibramとの協業が始まった経緯を教えて下さい。

-私は昨年6月までイタリア・ミラノにある細江勲夫デザインスタジオで長年働いていました。本事務所とビブラム社ファイブフィンガー開発室がご近所であったことから交流があり、遂には2011年外部デザインコンサル業務が始まり、それから数年間の共同作業を通じてビブラム社と歩みをともにする機会を得ました。

Please tell me the history of ties with Vibram.

-I worked for many years at the Isao Hosoe design studio located in Milan, Italy until June 2014.

-This office was next door to Vibram VFF Milan office and in 2011 we started the collaboration of design consultation. After several years I had the opportunity to collaborate and then work directly for Vibram.

風呂敷シューズのインスピレーションはどこからきましたか?

-ブラマーニ社長が提案された幾つかの課題の一つに「単一サイズ」というのがあり、これは靴底製品を手がける弊社にとって数多くの靴サイズを如何に軽減出来ないかという難問でした。

-さらに靴底を静的から動的にすることができないかという疑問、これは西洋における鞄文化を観察する過程で中に入れる物や量にかかわらず鞄の外形は一定である反面、日本の風呂敷は包むものによって形が変化するというところに着眼して、これを靴文化に持ち込むことができないかというのが出発点でした。

Where did the inspiration for Furoshiki wrapping shoes come from ?

-President Marco Bramani proposed to us some themes, one of them was “Mono size” to find out the way to reduce & integrate the variety of shoe/sole size production.

-And moreover I was thinking how is it possible for a “static sole” to become an even more “dynamic sole”. I connected the bag culture between Europe where the exterior of the bag is a constant shape, whereas Japanese furoshiki wrapping bag transforms according to the contents. This became the starting point to connect Furoshiki and footwear.

日本文化において、「風呂敷で包むこと」はどんな意味を持っていますか?

-日本文化において「包む」という行為は、物を大切に労わる振る舞いであると考えます。風呂敷はその起源である入浴文化から贈り物や日常における物を大切に包む行為に発展しました。

What does wrapping with furoshiki mean in Japanese culture?

-In japanese culture, the meaning of "wrapping" is to take good care of an object. Furoshiki evolved from its origins from bath culture to cherish wrapping gifts and everyday things.

チャックやボタンを使う西洋式シューズと風呂敷シューズの違いは何ですか?

-多種多様な形の足を靴底のついた布で包むということは、人それぞれに靴の形が変わることとなります。これは従来の西洋シューズ文化とは正反対の考え方で、人の個性を重要視する現代において「FUROSHIKI」は新しい靴の在り方を提案しているわけです。

What is the difference between Furoshiki wrapping shoes and the traditional Western-style zipper and button?

-To wrap with the cloth soles around different kinds of foot shapes means each person will have their shoes personalized. This idea is the exact opposite position of the traditional Western shoe culture. Nowadays great importance is attached to individuality therefore "FUROSHIKI" proposes a new footwear culture of the future.

1

2

Finish !

Vibramと日本伝統を初めてコラボさせてみて、どうでしたか?

-風呂敷シューズは、私のキャリアにとって初めてのフットウエア製品の仕事であると共に、伝統を革新につなげる新しいアプローチを持ち込むきっかけとなりました。

-ビブラム社には世界三拠点(イタリア、アメリカ、中国)を中心に様々な文化背景を持つスタッフがコラボレートしています。今後さらに世界の各地域ごとの歴史や伝統に根付いた製品開発がイノベーションの枠をより広げることと信じています。

Are Furoshiki shoes the first collaboration between Vibram and Japanese tradition?

-"FUROSHIKI" was the first footwear product work in my career, and also marked a new project approach to engage tradition and innovation.

-The staff in all the 3 main Vibram locations around the world (Italy, US, China) are collaborating using their varied cultural backgrounds towards innovative product development and this tradition of innovation will continue to develop into the future.